2016/11/02

アスペルガー症候群

みなさん、こんにちは!

昨日はハロウィンでしたね!

私はというと、今年も仕事と重なったので、今度はフレンチメイドになってお仕事しました!

仕事場がカフェという事もあって、メイド喫茶のメイドさん気分で働いてきました!アメリカの人にはウケがよかったです!

 

 

 

そして、今日のタイトル、「アスペルガー症候群」というのは、

私自身が当事者で、投薬もしてますが、自分を変えようと思ったら、世界も変わるんだ!という事を書き残したくて、

今日はこんな事を書きます。

 

いつもいつも「普通の人になりたい!」というか、みんなと同じになりたい、と思ってはいたものの、なにか自分ははみ出した人だと思っていました。アメリカに13歳の時に来て、大うつ病が発覚したのが18歳です。高校卒業まじかに調子を崩しまくって、自分は変な言い方ですが「ただのうつ病を患っているだけなんだ」と思っていました。でも、夫と出会う1年前にアスピーだという事が発覚し、人によるとショックな人もいるとおもいますが、私はホッとしたんです。

自分がアスピーというのは自分のほんの一部分にしかすぎませんが、なぜか自分というものが知れて安心しました。そして自分を肯定できるようになり、そして夫と知り合う事ができ、引きこもりだったのが、今ではフルタイムで外で働いていて、なおかつ育児までしちゃっているんですからね!

びっくりです。5、6年前の自分には考えられない事です。

投薬していても、家に引きこもりがちだけど、ずーーーーーーーっとその後の人生もそのまま!ってないです。

よく、恋人や結婚相手の悪い所も認められて初めて愛していると言える、というじゃないですか。

私は自分の悪い所も認めてあげて、自分を好きになりたいと思ってます。そしたら愛する夫にも150%ぐらい愛してもらえるんじゃないかなって踏んでます。

自分自身を好きじゃない人を誰が好きになってくれよう。

10年ぐらい前の私は「ダメな自分を好きになってくれる人が本当に私を愛してくれている人だ!!」と強く思っていました。

んが、(アゲイン)自分をもが自身を好きじゃないのに、どうして他人が私を愛するというのか。

という事なので、

自分な嫌な所とかネガティブな所から目を背けないで、そういうマイナスな面をプラスにするぞ!と思うのです。

 

そんなこんなで、昨日のハロウィンは楽しかったです!

来年は何になろうかな?

そう考えるだけで、アンチエイジング怠らんぞー!!という気持ちが湧いてきて楽しいです。

 

みなさんにとっても、素敵なハロウィンであった事と思います!

もう11月ですね。一年も残り2ヶ月。師走の前に色々終わらせちゃって、12月はゆっくりしよう作戦でいきます!

 

ではでは、楽しい11月をお過ごしください☆!!

 

You all have wonderful autumn!!

 

*MIKA*

 

観覧数|143